「過去と記憶の社会学」の構想

片桐雅隆

 記憶論の展開−心理学と歴史学
過去論一般への関心−哲学での時間論や過去論から社会学的過去論へ

『過去と記憶の社会学』での3つの主要な関心

1)実証主義的な歴史観への批判

?集合的過去について
   集合的記憶と歴史

?集合的過去の物語性あるいは構築性
   歴史の構築性
    歴史実証主義とクローチェ−生きた歴史と死んだ年代記
    物語論的な歴史論
   集合的記憶の構築性
    記憶の枠組としての集団−アルヴァックスの集合的記憶論

2)集合的な過去論と自己論、相互行為論との結びつけ

?自己の同一性問題
   過去の自己と現在の自己との関連づけ
   身体的同一性と意識的同一性から物語的同一性へ
   個人誌の事実性と構築性

?集合的過去の物語と自己物語との共通性と違い
   共同化と構造化

?自己物語のリソースとしての集合的過去という考えへ
   経験を越えた過去の物語化の不可欠性
    歴史と集合的記憶と自己物語
   集合的アイデンティティの問題−集合的過去の共同性とは
    自己物語の共有による集団的アイデンティティの形成
    相互行為における物語や記憶の付与−集団の枠組、公共的過去の非実在性
    過去や記憶の相互行為論的な視点へ

?同一性や物語と相互行為
   自己物語の社会性
   他者によって付与される物語

3)集合的過去の縮小、多元化という視点

?近代化と集合的過去の縮小
近代国家と共同体的な記憶の解体
アルバックスの指摘−家族と貴族
ノラの「記憶の場」論と記憶の私化

?消費社会と集合的過去の縮小
ナルシシズム的自己論
記念行事のイベント化

?アイデンティイ・ポリティクスと歴史的物語の多元化
自己のカテゴリー化と物語の構築

[↑ページ先頭][→報告1][→報告2][→報告3]|